yurika’s diary~砂丘になりかけた日記帳~

yurikaの趣味とか思ったことを書き出すところ

2018/09/23 両神山登山

気が付くと秋分過ぎて昼より夜のが長い時期になってしまった…。

今週どこかチャリで行こうかと考えたが, 天気が微妙すぎて結局天気のいいのは日曜だけという…。日帰りでどこか行くかと考え, 近場の百名山探したら, 両神山(りょうかみさん)といういい感じのところにいい感じの山があったので, そこに行きました。

 

9:00ごろ。バスで日向大谷口へ。登山スタート。両神山荘すぎるとすぐ登山道に。登山道入ってちょっと歩くと祠があったので, そこで安全祈願をした。

f:id:yrk-skyhigh:20180924192744j:plain

 

それからしばらく歩くと今度は丸太が。ちょっと冒険者の気分。ただ歩くとギシギシ言うので折れないか少し心配だった。

f:id:yrk-skyhigh:20180924193515j:plain

 

最近の大雨やら台風やらのせいか, 道中根本ごと折れた木とか, 木の大きな破片とかが転がっていた。自然災害恐るべし。ただでさえ, 道幅が狭く砂利が多くて上りづらい道なのに, 木まであるとか役満だよ…。

f:id:yrk-skyhigh:20180924193910j:plain

 

そんな文句に近いことを愚痴っていると川渡りしくって靴が濡れる。萎え。

f:id:yrk-skyhigh:20180924202355j:plain

 

靴の違和感と晴れ予報なのにあまりすっきりしない空に不満を感じながら歩き続けると今度は鎖場に到達。ほげええええ。

f:id:yrk-skyhigh:20180924193255j:plain

 

清滝小屋までは, 川沿いを進むため川のせせらぎがよく聞こえる。また, 山中の川だからか妖精のいそうな滝がたくさんあった。

f:id:yrk-skyhigh:20180924202104j:plain

 

10:30ごろ。清滝小屋(登山口からだいたい4kmくらい)。久しぶりの登山のせいか, この時点でへとへと。汗はベトベト。登山の1kmがこんなにしんどかったなんて…。正直限界だった。

f:id:yrk-skyhigh:20180924202126j:plain

 

10分くらい休憩してから登山再開。あまりにしんどくて辛かったので「あと2kmで頂上!」と言い聞かせながら登った。先ほどとは違って今度は鎖場が多くなる。(ちなみに下の鎖場は昔死人が出たらしい。恐ろしや。)

f:id:yrk-skyhigh:20180924194629j:plain

 

上から見るとこんな感じ。まさに絶壁。

f:id:yrk-skyhigh:20180924194659j:plain

 

だんだん天気もいい感じになっていき, 11:40ごろ頂上に到達。かなりしんどかった…。あと頂上何とか晴れててよかった。下はガスってたけど旅行班基準ではいい天気だったと思う。

f:id:yrk-skyhigh:20180924194940j:plain

 

 

近くにいたおばちゃんにお願いして記念写真もした。ありがたや。

f:id:yrk-skyhigh:20180924195428j:plain

 

この時間の頂上は人がとても多くゆとゆとするスペースがなかったので, この後すぐ清滝小屋まで下山した。

 

途中の両神神社で写真&安全祈願。

f:id:yrk-skyhigh:20180924202228j:plain

 

砂利が多く, 途中で右足親指が死亡。下るのがめっちゃしんどかった。

清滝小屋で昼食をとった後下山再開。足は相変わらず痛くて急斜面の下り坂がしんどかった。改めて川沿いを見ながら歩くと, 結構コケが多くて自然味溢れるいい登山道だなと思った。まさに屋久島みたいな感じ。「秩父屋久島」と呼ぶのはどうだろう?

f:id:yrk-skyhigh:20180924202259j:plain

f:id:yrk-skyhigh:20180924202444j:plain

 

14:30ごろ。登山道に戻る。登山開始時は曇りで隙間から晴れ間が見える感じの天気だったのに, この頃には霧雨がそこそこ降っていた。晴れ予報ェ…。仕方がないので, 霧雨の中30分近くバスを待つ。

 

15:00ごろ。バス着。この頃には幸いにも霧雨も弱まっていた。シャツを替えバスで爆睡する(バスだけに)。

 

17:00ごろ途中乗換とかはあったもののなんとか西武秩父へ戻る。そういや知らないうちに西武秩父ミスドが消滅してて少し驚いた。いや, それはともかく去年のGW(詳しくは過去記事を参照のこと)に行けなかった祭りの湯のリベンジをしようとするも相変わらずの行列で入浴を断念。途中の両神温泉で降りて風呂入いりゃ良かった…。リベンジできないくやしさを滲ませながら西武線に乗り帰宅。

 

久しぶりに体を動かすことができてよかった。また時間の許す限り近場を攻めていきたい。