yurika’s diary~砂丘になりかけた日記帳~

yurikaの趣味とか思ったことを書き出すところ

夏休み

今週夏休みをとったので, 思い切って自転車を漕ぐことにしたのだが, 結果的には完走出来ずじまいだったので, 自分への反省を込めてここに書いていこうと思う。

 

もともとは9/20~22の3日間でngoと東北の山に行くことになっていた。

 

9/20(水) 曇り時々雨

前日2時就寝ということもあってか起きたのが8時だった…。2,3年前みたいに2~3時間の睡眠で何とかならなくなっているあたり老いを感じる…。

シャワーを浴びて出走準備(まだしていなかった!!)をして9時出走し, 10時過ぎに大宮駅に着く。

大宮駅で輪行しているときにエンド工具がないことに気づき, 輪行袋をmrtから借りていたことを思い出す…。エンド持ってくればよかった…。

 

10時半くらいの新幹線で白石蔵王駅まで向かう。東海道新幹線にコンセントあったしそこで充電するかと思いきや, 東北新幹線にコンセントがなかった!!萎え。仕方がないので, 駅で買ったおにぎり1個を朝飯とする。

 

12時頃白石蔵王駅。大宮では曇っていた空も嘘のように晴れていた。駅はとても広く人がいなかったので, このまま駅でひなたぼっこしつつ昼寝したかった…。

 

先にngoがもう蔵王に向かっていたので, 急いで蔵王へ向かう。r12までは平地に近い上りだったので軽く進めた。

 

漕いで1時間半くらいして蔵王の鳥居に。2年前ここでhgsのフロントの泥除けがエグいことになっていたなぁとしみじみ思い出す。もうあれから2年経つのか…。

f:id:yrk-skyhigh:20170924224821j:plain

 

鳥居からは相変わらず斜度がきつくてしんどかった。2年前は荷物のせいだと思っていたがどうやらそうではないらしい?(もしかしたら体力がなくなったからそう思うだけなのかもしれない。いや両方か。)

蔵王は典型的な山道で森の中を走り抜けるため, 見晴らしが少ない。そのため漕いでも漕いでも見晴らしが変わらいので, これまたつらかった。

 

鳥居から3,4km漕いだあたりから太ももが重く感じるようになった。最初は久しぶりで疲れているからだと思い, 休憩しながら走っていたが, 徐々に休憩の間隔が短くなる。最終的に100mくらいですぐ休憩とらないといけないくらいにはきつくなる。「何でだ??」と思ったら, お腹がぐぅぅぅ〜〜〜。どうやら空腹らしい。まあ, 朝から新幹線で食ったおにぎり1個しか口にしていないわけだから, 当然と言えば当然の話なわけだが。でもってよく考えたら個装買っていないことをここで思い出す!!しかもあと300mup。あれ, 詰んだじゃん…。

 

天気もだんだん怪しくなってきたし, この体調だと日が沈むまでに蔵王を越えられる気がしなかったので, あえなく断念。やっぱ飯はきちんと食べなきゃダメなんだね…。

下りはただブレーキかけるだけだから普通に漕ぐことができたが, 途中で雨が降って来て萎えた。

 

下ってセブンで飯を食べ何とか空腹を抑え, 今後のことを考える。時間がもう17時でこれから蔵王を漕ぐのはしんどいこと, 天気がそこそこな雨で仙台まで漕ぐ気になれなかったこと, ネカフェ泊前提で野宿道具を持って来なかったことから大宮に引き返すことにした。

 

しばらくして雨が少しマシになった時を見計らって白石蔵王に戻り帰宅。

 

 

9/21(木)

前日萎えたのとなによりお金がもうないので, 朝はゆっくり寝ていたら, 親から貴重な夏休みなんだからと最後の小遣いとして30kもらう。ありがたや。

 

ただ前日萎えたので東北はやめようと思い, どこ行くか考える。そういや, 南アルプス言ってねえなと思い, 急遽R152沿いを走ることにした。

 

夕方ごろ茅野駅に着く。昨日の反省からスーパーできちんと買い出しを済ませる。さらに, R152はスーパーがないみたいだったので2日分の買い出しをして17時過ぎに出走。

 

R152に入るとすぐ上り。おかしいなと思いgoogle mapを見るとどうやら10kmくらい先に杖突峠なるものがあるらしい。杖突って茅野からこんな近かったのか…。しかたなくカーブNoなる看板を数えつつ上る。昨日と違い空腹ではなかったからか割とさくっと上れた。

 

17時50分ごろ杖突峠の茶屋に。もう日が沈みかけていて, 「ああもう夏じゃねえんだな」と実感したときの寂寥感たるや…。

f:id:yrk-skyhigh:20170924224651j:plain

 

でもって, 展望台で写真をパチリ。

f:id:yrk-skyhigh:20170924224613j:plain

茶屋からまた1kmくらい上ると今度こそ峠。日が沈みまわりか薄暗くなるも, 速く下って風呂だぜイエイ!!と気分はハイ。

 

6kmくらい下ると後輪から鈍い音がした。始めはデカい木の枝あたりを踏んだのだろうと気にしていなかったが, だんだん激しい音になり, しまいにサイドバックが外れた。急いでサイドバッグを回収し, 事態を確認すると, サイドバッグのキャリアにかける部分が外れていた…。よく壊れる黒い棒の部分は異常がなくどうしてこうなったのか謎が深い。(まあ単純に寿命な説かもしれないが。)

f:id:yrk-skyhigh:20170924224520j:plain

 

真っ暗闇で若干パニックになっていたことも合わさり, 修理ができない。(後日確認したが, ☆型のネジ回しっぽいのがないと修理できなそうで結局あの場ではどうすることもできなかったことが分かった。)そのうえ, このまま下っても風呂と道の駅まで合わせて30km弱あり, どう考えても次の日漕ぐのは絶望的だった。ので, リュックを背負った状態で肩にサイドバッグをかけ再び杖突まで6km上った。2日分の個装が恨めしいと感じた。あと, 普段こんな重いものをキャリアに付けて走っていたことを知り, キャリアやサイドバッグすげえなと思った。下る途中フロントライトが充電切れになったときは正直死ぬかと思った。

 

肩が限界で, 下ってすぐのところに運良くヤマトがあったので, そこでサイドバッグを送った。

 

結局この日も日帰りで帰宅。11月辺りの3連休でまたどこかへ行くようにすることを帰りの電車で固く誓った。

 

 

振り返ってみるとやはり何もしていない夏休みだった。悲しい。

 

これを今後戒めとして自転車旅行を続けていこうと思う。

皆さんもハンガーノックと遅めの出走の悲劇にはご注意を。

富士登山

早いものでもう7月後半。2017年が既に半分終わっている…。

先週の3連休の土曜(ほぼ1週間前!!)に, 4年3人(frht, mtmt, mrt)と徹夜で富士登山したので, その記録について時系列かつ私視点で簡単にまとめておこうと思う。

 

金曜深夜に御殿場駅集合。研究室から直接新宿へ向かい, そこからバスで御殿場に向かった。バスは何故かmrtと同じバス。唯一の睡眠時間とも言えるバスでは自分もmrtも余り眠れず, 2人はここで徹夜確定。ああ前髪…

 

 

御殿場でfrht, mtmtと合流。mtmtはわざわざsea to summitするために沼津から自走してきたらしい。すごすぎワロタ。輪行解除していると酔っぱらいに絡まれる。これまで御殿場は治安いいイメージしかなかったが, ここでの一幕で一気に御殿場の印象が変わったよ…。

 

1:00ごろ御殿場駅出走。最後のコンビニまで処理ゲーし, コンビニで補給。ここでfrhtから今回登る五合目が太郎坊という名前であると聞き, 一同爆笑(まだこの時はこの先に地獄があるとはつゆ知らず)。〇〇ラインとかもっと格好いい名前作れたのでは…。

 

2:00ちょっと前に再び出走。太郎坊を登る。暗かったからあまり良くわからなかったが, 途中から漕ぐのがしんどくなる。3人にどんどん千切られ, 挙句街頭もない夜道を独りで萎えながら登る。最近ずっと研究室にこもっていたせいか, 「ああ, 自分は自転車旅行してるんだなあ」と感じた。

 

3:00くらいに太郎坊トンネル。寝てないせいかすでに疲労が半端ない。先に着いてた3人が路上で寝転がっていたのでそれにならう。正直帰りたさMAXだった。

 

トンネルから分岐してから, 一気に下るかと思いきや激坂激坂激坂。前輪が浮くくらいの激坂。ここはあざみラインですか?といいたくなるレベル(というかfrhtはそう連呼してた)。ここでも3人に千切られ泣きそうになる。自分ももうOBになってしまったんだなぁ。

 

3:30に太郎坊着。ここで各自登山準備をする。ここで荷物の軽量化のために2Lペットを置きっぱにしたことが後々泣きを見ることになるとは思わなんだ。

 

3:45登山開始。少し登山すると小屋があり, 金剛杖なる魔法使いが持ってそうな杖が売られていた。値段は\400。frhtが登山用に持ってきたストックが\7000することを考えるとこれは安い。そんなわけで, この金剛杖をコスパ棒と呼ぶことにしたら, mtmt(オネじゃない)がケラケラ笑ってた。そんな面白いか?

 

日が出てない間は涼しくて登りやすかった。frht曰く, 500m/hくらいのペースで登っていたらしい。

「そのペース(500m up/h)なら頂上に8:30くらいに着くから, 富士山頂上で1限があるとするなら, この時間(4:00ごろ)にはもう登山していないといけないなのか!」と気付く。富士山大学やべえな。

 

4:30ごろ日の出。みんなでカメラ撮って最高の日の出を拝む。日の出の時の太陽の移動速度やたら速くない??

f:id:yrk-skyhigh:20170721013608j:plain

 

日が昇ってからもまだ登山。これまで富士山登ったことなかったから気づかなかったが, 富士山って近くだと岩だらけで黒いのよね。遠くからだと青いくせに。あれってやっぱり空が青いのと同じ原理なのかな!?

 

しかしこの富士山とかいう山, 目の前に頂上が見えているのに, 上っても上っても全然頂上に着かない。まさに爆発。新六合目で持ってきた計1Lの飲み物は飲み干し, 太陽はジリジリ当たり, 体力はすでに限界, 脱水寸前でとても辛かった。日の出から頂上までほとんど写真をとる余裕がないくらいには辛かった。この新六合目前あたりからfrhtからストック借りて頂上まで登ってた。frhtには感謝してもしきれない。

 

七合目越えたあたりの小屋に売店があり, すぐさま飲み物を買いに向かう。値段を見てびっくり。2Lの水が\1500。ハイパーインフレなんてもんじゃない!!普段なら絶対買わないが, 水がなく脱水寸前だったので, 命を\1500で買うと考えれば安いと言い聞かせ, 大枚はたいて買った。後でみんなに\1500したこと話したら爆笑された。

 

それからも日差しは強く, 少しづつ体力を削ってきた。結局8時半では7合目だか8合目だかで4:00に登山開始しても富士山大の1限には間に合わなかった…。

 

寝不足のせいかみんな体力の限界でちょいちょい休憩という名の仮眠を取りつつ地道に登った。終りがない。絶望感のある登山爆発。足の裏が限界で各々悲鳴をあげていた。個人的には脱水寸前時と九合目の3400mから山頂までの1.2kmがとてもしんどかった。

f:id:yrk-skyhigh:20170721015222j:plain

 

11:00ごろ山頂の鳥居。ここが山頂かなとテンションあげたものの, 本当の山頂はあと80m upと知った時の絶望感たるや。休憩の後, また登る…。最後の崖は本当に辛かった。

f:id:yrk-skyhigh:20170721015352j:plain

 

11:30くらいに山頂, 剣ヶ峰に!!結構人が多く記念碑で少し並んだ。ここで, 昨日ドンキで買った富士山の防災頭巾的なのつけて集合写真を撮った。冷静に考えて脱水になるくらいなら, 防災頭巾持たずに2Lの水持ってくるべきだった…。あと山頂のトイレは普通のトイレ。

f:id:yrk-skyhigh:20170721015246j:plain

 

山頂小屋で\500する500mlの炭酸を買って休憩。思い思いにグダり下りの準備。

 

12:00ごろに下り始め。3人とも登山慣れしているのか降りるの速くてワロタ…。新七合目だかまで元の道でそこから大砂走りコースでまっすぐ太郎坊へ戻る。砂が靴の中入るし, 大砂走り慣れる(?)とスピードコントロールできなくなるし, 挙句靴は穴あくしで, アクシデントづくめだった。mtmtに至っては前から砂に転び全身砂だらけでめっちゃ萎えていらっしゃった。

 

15:00ごろ太郎坊へ戻る。ここで, 行く時に置いていたサンダルが猛暑でゆがんで小さくなってしまったことが発覚。3年の縦断以来1万kmの自転車旅のお供だったからゲルフジ(登山靴)の穴以上に悲しかった。(値段はゲルフジのが7倍くらいしたが)。

 

適当に準備してから下り。太郎坊の坂が改めて激坂だったことを痛感。太郎坊までの道の平均10%の上りでかなりのコースだったんだなあと。これを平気で上る4年3人はやっぱすごい。

 

途中, mrtと別れ(彼はこの後40km漕いだ後マラソンしたらしい。やべえ。), 残る3人で風呂へ。

途中ダートがあって萎えたが, 無事風呂入れたし, 露天や育毛剤があってよかった。ただ日焼けのしすぎできちんと露天に入れなかったのが唯一の後悔か?

 

旅の〆にfrhtが夏合宿ngo班で行ったという海鮮の店, 魚啓へ。少し高いなあと思ったが, ボリュームを見て納得。茶碗蒸しが小さいのに, 味噌汁が異常にデカくてウケた。

f:id:yrk-skyhigh:20170721021048j:plain

f:id:yrk-skyhigh:20170721021051j:plain

 

夕食後は急いで御殿場に向かい, バスに乗って東京に帰宅。連続起床時間40時間近くの旅行班入って1,2争うレベルで過酷な登山だった…。

 

忙しい中わざわざ3連休に富士山に参加してくれたmtmt, 輪行袋を貸してくれたmrt, プラン等の用意やストックを貸してくれたfrht, 本当にありがとう!!

皆がいなかったら登頂どころか生きて帰ることすらできなかったよ…。

 

また旅行班の人たちとどこかチャリで行きたいものである。

 

後日談

富士登山の後3日くらいケミトレ状態(手すりがないと階段が登れない)になりました。わろた。

 

 

 

 

 

GW秩父

秩父に新しい温泉が出来たらしいので, 今日iskrとオネの2人とそこへ向かうことにした。

 

10:00頃青梅駅集合。iskrと合流し輪行解除しているとオネが横から現れる。しゃべりながら輪行解除し出走準備して11:00くらいに出走。

 

やはり祝日のせいか車やロードの集団が多い。

 

天気が良く, オネが途中にあった有間ダムに興味を持っていたのでダムに行き少し休憩。

いや旅行班にあるまじき良い天気。

f:id:yrk-skyhigh:20170506003150j:plain

 

元のr53に戻ってからiskrオススメの展望台目指し今度は謎のupをのぼる。最初はいい感じに舗装されたが, 徐々に路面悪いし1車線だし, 後続や対向から車が来るわで暑いし萎えた。

オネが「ここを曲がれば峠だよぉ」と前前前主将の迷言をよく言ってた。萎えた。

 

結局展望台なるものはなく, 天目指峠に到着した。ちなみにこの峠, 天 / 目指ではなく, 天目(豆柿の意) / 指(焼畑農業の意)らしい。夢壊された。

f:id:yrk-skyhigh:20170506003913j:plain

 

この峠を越えて秩父に行くとなると, かの悪名高い正丸トンネルを通ることになるので泣く泣くピストン。下りながら「あれこんな上ったっけ??」と3人で言い合っていた。

r53に戻ってからは今度は山伏峠を目指す。ちょいちょい斜度きつい坂あってつらかった。iskrは久しぶりのチャリだったせいか自分以上につらそうだった。何かよくわからないけど峠フリーになって各自峠に向かう感じになったので, 2人を置いて先に行ってしまった。(申し訳無さ)。個人的には山伏峠よりも天目指の方がきつかったと思う。

f:id:yrk-skyhigh:20170506004500j:plain

 

山伏越えてR299に合流すると秩父方面に車が渋滞してて萎えた。14時すぎにこんなに車混むとか何事だよ…。本当に正丸トンネル通らなくて正解だった。

 

R299のク○道を処理してiskrオススメの羊山公園の芝桜を見に行った。とてもいい見晴らしではあったが, 人(特にカップル)が多くて少しげんなり。あげくiskrは「こんなの花じゃん」と言い出す始末。それはそう。

f:id:yrk-skyhigh:20170506005037j:plain

f:id:yrk-skyhigh:20170506005141j:plain

 

久しぶりにアップして疲れたし, 今日のメインの温泉でゆとゆとしようとみんなで温泉に期待を寄せながら西武秩父駅へ向かう。1000円の風呂だしさぞ育毛剤もあるんだろうなあと密かに楽しみにしていた。

 

…。が!!西武秩父駅ついて温泉見に行くとまさかの「「60分待ち」」。一気にどうでも良くなり輪行して帰ることを決意した3人であった。

 

風呂には入れなかったが, あまり一緒にこがない2人と楽しくこげたのでとてもよいランだった。iskr, オネありがとう!!!

ルートラボに変わる新しいプラン作成サイトをみつけた件

ubuntuユーザーなのでsilverlightを使っているルートラボが利用できない(wineでもできないか試したが無理だった...)ため, 何かいい方法はないかなぁと思い試行錯誤したところこんなものを見つけた。

 

ride with gps

Map Bike Rides with Elevation Profiles, Analyze Cycling Performance, Train Better. Ride With GPS

 

いろいろオプションはあるみたいだけど, starterなら無料でもできるし無料版でもルートラボみたいにルート引いいてup, down見ることもできるし, ルートの保存も可能っぽい。

ルートラボ自体あと数年でオワコン化するらしいし, これはもしや未来の旅行班のスタンダードとなるのでは!?

4/17 東京ナイトラン

frhtが東京ナイトランするらしいので, それについていく形で参加した。

都内は信号爆発で集合まで少し萎えたがなんとか集合場所の東京ミッドタウンに到着。ついこの間(といっても1年前)はチンコのレージャーだったのに気がつくと6のレージャーになってて笑った。

 

ミッドタウンで富士山のマッピングムービーを見る。2年前の聖夜もそうだったんだけど, ここはいつもすごいマッピングをしているのでナイトランするならオススメかもしれない。巨匠は常にかがんで撮影していた。

f:id:yrk-skyhigh:20170417023226j:plain

f:id:yrk-skyhigh:20170417023242j:plain

 

ミッドタウンからは近くのギロッポン経由でけやき坂やテレビ朝日のとこの庭園を眺める。frhtの写真(下にあるやつ)見て貰えればわかるけど, 庭園から見るビルの景色はなかなかすごい。人工と自然(まあこれも実際には「作られた」自然なわけだが)の対比を間近で実感できること, 庭園という一見静かな空間にビルという物々しい景色が合わさるのは面白いと思った。

https://pbs.twimg.com/media/C9iCKuSUAAA9QQd.jpg

 

ここから東京タワーに行って写真を取った後, 丸の内のビルに行って35Fから東京を望んだ。まあいい景色ではあるが, 休日で車やビルがそこまで明るくないこと, 思ったより丸ビルの展望台がきちんとした展望台でなかったので, 少し期待はずれ感はあったものの, それでもいい景色だった。日曜の夜なのにいくつかビルの明かりがついてて少し怖くなった。

f:id:yrk-skyhigh:20170417024701j:plain

f:id:yrk-skyhigh:20170417024704j:plain

 

その後は皇居を半周。日曜夜ということもあり車が少なく, 何故か信号にも引っかからなかったので非常に走りやすかった。

f:id:yrk-skyhigh:20170417024828j:plain

 

最後にランの〆として新宿で博多ラーメンを食べて解散

f:id:yrk-skyhigh:20170417024748j:plain

 

1年ぶりくらいにfrhtと走れてとても楽しかったです。ありがとう!!

今年はfrht以外にも他の人と自転車漕げたらいいなあ…。

あとfrhtはまた6月に富士山sea to summitしような!!!!

 

 

 

卒業旅行

気づいたらもう10日程前になってしまったが, 一応記録に卒業旅行のことを書いておこうと思う。

 

卒業旅行は3/25,26に行われた。

3/25

もともと半分来ないし正直やる意味あんのかって感じだし, 26雨予報だしで, すごく行きたくなかった。そのせいか安定の寝坊となり, 遅れて合流することとなった。卒業旅行だというのに, みんなと自転車こげないのは少し情けなかった。

 

奥多摩駅からR411,R139の微妙な坂を登る。4年前(もうそんななるのか!)や去年雲取山で走った道だったため, 懐かしさを感じながら走った。途中R139で4年前は工事中だった道が綺麗になっていて感動した。

f:id:yrk-skyhigh:20170404210031j:plain

 

 

宿着いてからは, 風呂入ってとても美味しい夕食食べてゆとゆと過ごす。4年前と変わらず, 風呂のシャワーの出が悪くぬるいこと, 夕食が美味しいやまめ料理であることが懐かしすぎて感動。夕食を1つ1つ味わっていたせいか食べるのに時間がかかりみんなを待たせてしまった…ほらそこ!単純に食うのが遅いだなんて言わない!

f:id:yrk-skyhigh:20170404210124j:plain

 

夕食後は部屋で酒飲みながらおしゃべり。NZ旅行の話, 同期の話, iskrのドイツ留学の話。6人と少なく, 時間もあったためたくさん話したと思う。どれも面白い話で夢中になって聞いてしまった。

あと, 途中からオネやだーくーがオネンネしだしたので, kzmとおもしろがって写真撮ったりもしたなあ…。もうホモ三銃士のあんな姿やこんな姿を撮ってネタにできないのは少し寂しいものがあった。1時頃就寝。kzmのいびきがうるさかった。

 

3/26

起きて外を見るとかなり雪が積もっていた。冬北かよ…。

宿のおばちゃんも小菅ではそんなに雪が降らないし, まして3月下旬にこんな雪が降るのは珍しいと驚いていらっしゃった。

寒いし, これからあたたかくなって道路が滑りやすくなるとのことだったので, 朝食をとってすぐ出走。25km/h巡航で奥多摩駅まで飛ばした。

 

なんだかんだ久しぶりに同期と走ったりおしゃべりできたのは良かった。特に雨の中ではあったがiskrやskgmと久しぶりに走れたこと, みんなの面白い旅の話が聞けたこと, 小菅という旅の原点とも言える場所で卒業旅行ができとても満足しました。

ただ, もうこうして同期の奴らと自転車こいでアホなことするのが花魁以上にぐっと来て寂寥感が半端ないな…。

 

長くなってしまった上に今更ながらで申し訳ないが, みんな卒業おめでとう!!月並な言葉で耳にタコかとは思いますが, これからもみんなそれぞれの道で頑張って下さい。

僕は大学院で成果出せるように必死で食らいついていこうと思いまする。

 

 

 

 

沖縄旅行4日目

6時起き。
飯が昨日会計で宿のおばちゃんからもらった茶菓子しかなかったため, 朝飯調達をしに出走。
昨日に続きアップタウンがひたすら多い道でかなり辛い。途中いい感じの海岸に出るけれど, すぐ上ったりでひたすらそれを繰り返す感じ。
茶菓子で適宜補給しつつ, ハンガーノック寸前でなんとか30km先のコンビニに到着。いつもより遅めの朝食をとった。

朝食後は平安座島に向け走り出す。ちなみに, 平安座って「へんざ」って読むらしい。便座に発音が似てるなあ…
途中でサンエーがあったので, そこで海ぶどうを買い食べる。プチプチしていて海の味がする。しかも特製のたれをつけるとさらに美味い。美味すぎてお土産用にもう1つ買ってしまった…

そして平安座島へ!本島から平安座にかかる橋の長さたるや。長いこと長いこと。でもって向かい風と横風が強いからスピードも安定感もない走行となり萎えた。


平安座島からはすぐ浜比嘉島へ。
浜比嘉島にかかる橋の美しさもさることながら, 町並みが素晴らしすぎて感動した。
f:id:yrk-skyhigh:20170404213020j:plain
f:id:yrk-skyhigh:20170404213054j:plain

帰るときは追い風のため走りやすく, 周りの景色を見ながら楽しめた。もうすでにシュノーケルやらパラシュート空に上げてサーフィンするやつ(名前分からない)をやってる人がいて羨ましかった。自分も金と時間があれば是非やりたい。

島巡りをしてからは琉球最古の勝連城跡へ。勝連城跡の頂上から見下ろした町や田畑, 海岸の景色はまるでジオラマのようでとてもきれいだった。
f:id:yrk-skyhigh:20170404212827j:plain

その後, 宿に向かう経路でちょうど琉球大学の近くを通ることになったので琉球大学に立ち寄る。琉球大学へはR329から県道に入り向かったのだご, 途中1km120upくらいの激坂がありめっちゃ萎えた。行くまでにこんなしんどい道があるとか琉球大学の方々は大変そうだなあと小並感。
f:id:yrk-skyhigh:20170404212615j:plain

とりあえず生協で琉球大学ボールペンを買い, 琉球大学はあとにする。後々知ったのだが, 琉球大学にはサイク部があるみたいだったのでこれを機にお話すれば良かったかな……

この後はそのまま宿へ向かい, シャワー夕食を済ませ1日を終える。

追記(2017/04/04)
次の日首里城見て海水浴して適当に那覇散策して東京に戻りますた。沖縄に楽園はありました!!
f:id:yrk-skyhigh:20170404212346j:plain